お花よりも気持ちを込めた手作りのプレゼント

お花よりも気持ちを込めた手作りのプレゼント

母の日には日頃の感謝を込めてプレゼントをすることが基本となりますが、プレゼントして喜ばれるのは心を込めたオリジナルのプレゼントです。

 

お花をプレゼントするのも良い方法ですが、オリジナルの手作りのプレゼントの方が断然喜ばれるので、100円ショップでキルトや、リボン、フェルト、花かざりペーパーなどを使って、お母さんの好きな小物を作ってあげることが喜ばれます。

 

例えばキーホルダーのストラップにつける小さなマスコットを作る対策などが有効となるはずです。

 

ハンドメイドマスコットの作り方は、ネットで情報をチェックすることができるので、ちょっとしたお小遣いで材料を集めて、気持ちを込めたプレゼントを作ってみる事が有効となるはずです。

母の日の思い出

一応実家を出て1人暮らしを始めてからも母の日にはネットで注文をして毎年贈り物をしています。大体日持ちするお菓子やスィーツなどが主流などを選んでいますが、母の日の思い出というと子供の頃の方が印象が強いと言えます。

 

子供の頃はお小遣いを必死に貯めてもあまり高いモノは買えずに造花のカーネーションの花だったり、フェルトを購入して自分で手作りしたりといった感じでした。

 

あとはその日は母親に家事を休んでもらおうと夕食を作ったものです。まあ料理の腕は毎年さほど進歩はなくてカレーでした。

 

徐々にサラダがついたり、デザートをプラスしたりもしましたが毎年メニューは基本カレーを作っていました。最初はカレーなら失敗しないと選んだのですが、既に私の中では母の日の定番メニューだったりします。